多通貨分散トラリピで安定運用TOP

多通貨分散トラリピで安定運用 新着情報

今週のリピート結果(2012/11/23)

9つの通貨ペアでポートフォリオを組んでトラリピを実施しています
クロス円を極力排除し、逆相関となるような通貨を組み込むことによって
リスク分散を図っています

使用口座は、フォレックス・ドットコムジャパンのProスプレッド口座
二転三転しましたが、結局FOREX.comに戻ってきました。
スワップ・スプレッドとも申し分ない業者です
フォレックス・ドットコムMT4

各通貨ペアの設定は以下のとおり

EURUSD
 1.2500〜1.3000にトラップ幅20PIPS、利確幅50PIPSの買いトラップ
 1.3000〜1.4200にトラップ幅40PIPS、利確幅50PIPSの売りトラップ
EURGBP
 0.7800〜0.8100にトラップ幅10PIPS、利確幅25PIPSの買いトラップ
 0.8000〜0.9000にトラップ幅40PIPS、利確幅25PIPSの売りトラップ
GBPUSD
 1.4800〜1.6000にトラップ幅40PIPS、利確幅50PIPSの買いトラップ
 1.6000〜1.7000にトラップ幅40PIPS、利確幅50PIPSの売りトラップ
AUDNZD
 1.2000〜1.3100にトラップ幅10PIPS、利確幅50PIPSの買いトラップ
 1.2900〜1.3700にトラップ幅20PIPS、利確幅50PIPSの売りトラップ
AUDJPY
 78.00〜83.00にトラップ幅20PIPS、利確幅50PIPSの買いトラップ
 76.00〜77.60にトラップ幅40PIPS、利確幅300PIPSの買いトラップ
 72.00〜75.60にトラップ幅40PIPS、利確幅500PIPSの買いトラップ
GBPAUD
 1.5000〜1.6200にトラップ幅40PIPS、利確幅50PIPSの売りトラップ
GBPCAD
 1.5400〜1.6400にトラップ幅40PIPS、利確幅50PIPSの売りトラップ
USDCAD
 0.9400〜1.0000にトラップ幅10PIPS、利確幅50PIPSの買いトラップ
USDCHF
 0.8600〜0.9300にトラップ幅20PIPS、利確幅50PIPSの買いトラップ

週末時点での口座状況です

121123.png

前週比 +23191円

EURUSD 13回
EURGBP 10回
GBPUSD 2回
AUDNZD 0回
AUDJPY 4回
GBPAUD 3回
GBPCAD 0回
USDCAD 0回
USDCHF 0回

今週も強烈に円安が続きました
ついにドル円82円豪ドル円86円を突破してきました
選挙まではこのまま行くんでしょうかね

そして、ユーロドルも週末に掛けて大きく上がり
リスクオンムードが全開となってきました

年末に向けてこのままお祭り相場が続くのか
閑散相場を狙って急落がやってくるのか

選挙前後は特に要注意ですね


■こんなところでコメ返し

前回のコメント欄にてコメ返ししています

にほんブログ村 為替ブログへ  にほんブログ村 為替ブログ FX トラップトレード派へ  人気ブログランキングへ

お便利ツール+α

ポジション情報&口座情報表示インジケータ
 通貨ペアごとのポジション集計情報と
 口座情報を表示するインジケータ
 【詳しい説明
 【ダウンロード
通貨ペア情報表示インジケータ
 4本値やスワップ値、ポジション情報
 などを表示するインジケータ
 【詳しい説明
 【ダウンロード
FOREX.com Japan
 1000通貨単位で取引可能
 Proスプレッドにすればスプレッドも良好
 フォレックス・ドットコムMT4
Alpari Japan
 1000通貨単位で取引可能
 スプレッドは国内最狭レベルで
 スキャル系EAには最適です
 アルパリ

| 2012/11/24 | メイン口座 | comment(1) |

豪ドル円トラリピ 利益倍増計画

衆議院解散をきっかけに、安倍さんのインフレターゲット導入・無制限金融緩和発言
などもあってドンドン円安が進んでいます

日銀白川総裁は、早速安倍さんの発言に反対していますが、どうなんでしょうね
安倍さんの発言が極端すぎて問題がありそうなのは私にも分かります。
だから反対する事自体には異論はありません。

でもねぇ、あなたたちはこの4年間何をしてきたのでしょう
全く有効な策を打てず、ずるずると円高デフレを止められなかった事について
どのようにお考えでしょう

ただ反対するだけなら、そのへんのおっさんでも十分できます
これまでの政策について反省を含めて点検し、何が良くて何が悪かったか
そして、今後どういうビジョンを持っているのか

その辺りを含む対案を示してこそ、初めて反論する資格があるんじゃないですかね

日銀法改正により、日銀に結果責任を負わせてる事に対して大いに賛成します


さて、ドンドン円安が進み、豪ドル円のトラップレンジを上抜けしそうに
なってきました
ポジションがほとんど決済されてちょうど良い状態ですので、
豪ドル円の設定に関して、改めて考えてみたいと思います

まずは、価格帯ごとのリピート状況を調べてみました

テスト期間は2010/11/01〜2012/11/13の約2年間です
トラップ間隔50銭にて、4パターンの利確幅にて、それぞれ各トラップごとの
リピート回数と利益額を表にしています


0.25円0.5円1円1.5円
72.5250015001100011500
732500210001100011500
73.541000210002200023000
7492250630004400023000
74.51537501155004400034500
75143500735005500057500
75.5123000630005500046000
76112750945004400046000
76.571750420004400046000
77102500735007700069000
77.523575012600088000710500
78369000221100013130001015000
78.5541350027135001515000812000
79401000024120001212000710500
79.5431075023115001212000913500
80389500251250014140001116500
80.54611500281400014140001319500
814912250241200016160001116500
81.5401000025125001414000812000
82601500029145001414000812000
82.5501250021105009900057500
8338950021105008800057500
83.52870001260007700046000
842357501365006600046000
84.529725019950099000710500
853382501785001111000710500
85.52767501890001010000812000
8640100001890001010000812000
86.54110250178500101000046000
872460001470006600046000
87.51947501365006600023000
88143500735002200023000
88.53750315003300011500
898200031500110000
89.52500150000
総計894223500490245000266266000184276000


びっくりするぐらい明確に78円〜83円にリピートのピークがありました
この価格帯で非常に良く動いてたことがわかります
このレンジが中心になるのは感覚的にも納得できますし、トラップ設定の
中心に据えて問題ないでしょう

次に78円以下の部分です
77円台後半ぐらいに強力な支持線があるのでしょうか
78円を境に急激にリピート回数が減っています

テスト期間中に4回は77円以下に下落していることを考えると
この価格帯ではほとんどリピートせずに行って来いの展開ばかり
だったと考えることが出来ます

だとすると、しばらく放っておけば80円台まで戻ることが期待できるわけですし
利確幅を500pipsぐらいにして寝かせておいた方が良いことになります
もしくは、トラリピはやめて潔くスイングで勝負するかですね

私は上手くスイングで立ち回る自信が無いので、前者で対応します

最後に、83円以上の部分です
ここが一番悩ましいところです。
そこそこリピートはするがピーク価格帯ほどの利確は見込めない
その一方で、塩漬けになった時のリスクが大きい価格帯です

そこで資金効率と言う面から考えてみました
高値圏のトラップほど含み損が大きくなるので、維持するためには
より多くの証拠金が必要になります
にもかかわらず、ガクンと利確回数が減ってしまうこの価格帯は
思い切ってリストラすることにしました

そして、浮いた証拠金を83円以下の価格帯に厚く配分することにします

と言うことで、新設定は
 78.00〜83.00にトラップ幅20PIPS、利確幅50PIPSの買いトラップ
 76.00〜77.60にトラップ幅40PIPS、利確幅300PIPSの買いトラップ
 72.00〜75.60にトラップ幅40PIPS、利確幅500PIPSの買いトラップ
で行ってみます


■こんなところでコメ返し

父さん

私もFOREX.comに戻ることにしました
1日60円、1ヶ月で2000円の差は無視できませんでした(^^;

クロス円外してると、こういう時に蚊帳の外でちょっと残念ですよね(笑)


ねむゴンさん

ほとんどのデータは取得できるので、その気になれば必要な情報は
大抵表示できるはずです(^^;

たしかに、項目多すぎですよね。欲しいかも?と思うのを全部出したら
えらい事になりました
パラメータで表示項目を選べたら良いのですが、枠線が「-」と「|」で
アスキーアートのノリで作ってるので、なかなか難しいです

希望があれば軽量版を作るのも可能ですよ


窮鼠さん

スワップもプロ版限定なんですね・・・
もうスタンダード廃止したらよいのに・・・

追加口座は簡単に作れるので、移せるものから
移していってはどうでしょうか

口座間の資金移動もweb上で出来るので、作ってしまえば
意外と便利ですよ

にほんブログ村 為替ブログへ  にほんブログ村 為替ブログ FX トラップトレード派へ  人気ブログランキングへ
| 2012/11/21 | トラリピ考察 | comment(10) |

FOREX.com vs Alpari vs サイバーエージェント スワップ比較

FOREX.comジャパンのスワップが大幅に改善されました

これまでは、Alpariジャパンの方がスワップはだいぶマシだけど、クロス円に限れば
サイバーエージェントFXの圧勝と言う感じだったのですが、これで大きく状況が変わりそうなので、
3社のスワップを調べてみました

それぞれ1万通貨あたりのスワップで、11/19時点のものです
※ランド円のみ10万通貨


FOREX.comAlpari JapanサイバーエージェントFX単位
買い売り買い売り買い売り
EURUSD-0.10.05-0.120.05-0.120.06USD
EURGBP-0.10.05-0.130.07扱いなしGBP
GBPUSD0.05-0.10.03-0.15-0.04-0.1USD
AUDNZD0.2-0.30.08-0.3扱いなしNZD
AUDJPY70-8055-8671-77
GBPAUD-1.21.1-1.40.89扱いなしAUD
GBPCAD-0.30.2-0.30.14扱いなしCAD
USDCAD-0.20.15-0.250.14扱いなしCAD
USDCHF0.1-0.150.03-0.09扱いなしCHF
USDJPY5-101-83-9
EURJPY-105-5-1-3-3
AUDJPY70-8055-8671-77
NZDJPY40-5037-5646-52
CADJPY10-2014-2518-24
ZARJPY10-20扱いなし10-16


サイバーエージェントの優位性がほとんどなくなりましたね・・・
これならスプレッドの差を考えれば、クロス円もFOREX.comで良さそうです

しかし、豪ドル円70円とか71円って、スワップ口座としても使えるぐらいの
レベルなんですが本当にこんなに気前良くていいんでしょうかね(^^;

ちなみに、週末時点のポジションでのスワップ額を計算してみると
FOREX.com だと約165円、Alpariだと約103円となり約60円の差になりました
ちょっと迷いますねぇ・・・


■こんなところでコメ返し

saru999さん

フォローありがとうございます

こじろうさん

これ、業者移行の時に含み損を決済して、同値で立て直したおかげなので
見せ掛けだけなんですよ

それでも見てて気分はいいですどね(笑)



フォレックス・ドットコムMT4

アルパリ




にほんブログ村 為替ブログへ  にほんブログ村 為替ブログ FX トラップトレード派へ  人気ブログランキングへ
| 2012/11/19 | トラリピ日記 | comment(3) |

今週のリピート結果(2012/11/16)

9つの通貨ペアでポートフォリオを組んでトラリピを実施しています
クロス円を極力排除し、逆相関となるような通貨を組み込むことによって
リスク分散を図っています

使用口座はアルパリジャパンに移行しました
スプレッドが狭くスワップも比較的良好で、非常にバランスの良い業者です

アルパリ

各通貨ペアの設定は以下のとおり

EURUSD
 1.2500〜1.3000にトラップ幅20PIPS、利確幅50PIPSの買いトラップ
 1.3000〜1.4200にトラップ幅40PIPS、利確幅50PIPSの売りトラップ
EURGBP
 0.7800〜0.8100にトラップ幅10PIPS、利確幅25PIPSの買いトラップ
 0.8000〜0.9000にトラップ幅40PIPS、利確幅25PIPSの売りトラップ
GBPUSD
 1.4800〜1.6000にトラップ幅40PIPS、利確幅50PIPSの買いトラップ
 1.6000〜1.7000にトラップ幅40PIPS、利確幅50PIPSの売りトラップ
AUDNZD
 1.2000〜1.3100にトラップ幅10PIPS、利確幅50PIPSの買いトラップ
 1.2900〜1.3700にトラップ幅20PIPS、利確幅50PIPSの売りトラップ
AUDJPY
 73.00〜85.00にトラップ幅40PIPS、利確幅50PIPSの買いトラップ
GBPAUD
 1.5000〜1.6200にトラップ幅40PIPS、利確幅50PIPSの売りトラップ
GBPCAD
 1.5400〜1.6400にトラップ幅40PIPS、利確幅50PIPSの売りトラップ
USDCAD
 0.9400〜1.0000にトラップ幅10PIPS、利確幅50PIPSの買いトラップ
USDCHF
 0.8600〜0.9300にトラップ幅20PIPS、利確幅50PIPSの買いトラップ

週末時点での口座状況です

121116.png

前週比 +14853円

EURUSD 4回
EURGBP 10回
GBPUSD 1回
AUDNZD 8回
AUDJPY 3回
GBPAUD 2回
GBPCAD 2回
USDCAD 2回
USDCHF 0回

先週はなんと言っても民主党解散を受けての円安ですね
株も急騰していますし、いかに民主党政権による閉塞感が
漂っていたかがわかるかと思います

まぁ週の前半も、じわじわとリスク回避が進む中でも
円は高くならなかったので、そろそろ本格的に円高相場の
終焉かなとも思います

先週の円安が急だったので揺り戻しもあるかと思いますが、
基本的には円安傾向ですかね


■こんなところでコメ返し

2本レンチャンで記事を書いてコメントが錯綜しますので
今回はそれぞれの記事のコメント欄でコメ返ししています


にほんブログ村 為替ブログへ  にほんブログ村 為替ブログ FX トラップトレード派へ  人気ブログランキングへ
| 2012/11/18 | メイン口座 | comment(1) |

衝撃の事実に大ショック

ブログでも書きましたが、極悪スワップポイントから逃れるため
トラリピ口座をフォレックス・ドットコムジャパン からAlpariジャパンに変更しました

しかし、、、

ねむゴンさんのブログで知ったのですが、なんとFOREX.com ジャパンがスワップを大幅に
改善したようです
MT4でも確認してみましたが、確かに超が付くほどの優良スワップに改善されていました
これなら業者移行なんてしませんでしたよ・・・

ねむゴンさんのところには事前にメール連絡があったそうですが
私のところにはきていませんでした
私は口座を2つ持っていて、第一口座は使っていなかったので
漏れたんですかね??

理由は分かりませんが、残念なことです

しかも、スワップの改善が11/5からで、私が業者引越ししたのが11/2
たった1営業日待っていれば・・・
私はチャート上にスワップも表示させているので、11/5になれば
絶対に気付いていました

まぁ私のタイミングが悪いのは今に始まったことではないので
慣れっこですよ
業者移行は手間はかかりますが、コストはほとんどかかってないですし
これを機に、塩漬けポジの整理も出来ましたしね!

問題は、FOREX.comに戻るかどうかです
今のところ、全ての通貨でFOREX.comの方が好条件です
とは言え、その差は僅か1万通貨あたり数円ですし、
アルパリジャパンも継続的に取引条件の改善に努めてくれていますし
今後もっとスワップが改善される可能性も十分あります

なので、FOREX.comへの出戻りは当面しないことにしました

ただ、これで・・・

多通貨トラリピするなら、FOREX.comジャパン
メジャー通貨でスキャルするなら、Alpariジャパン
クロス円でトラリピするなら、サイバーエージェント

で日本のMT4業界は勝負が付いたような気がします

現時点で、これ以外の業者をお勧めする理由もメリットも見つかりません


■こんなところでコメ返し

タッキーさん

了解です(^^;
全然気にしてないのでOKですよ

むしろ記事にしていただいて感謝感謝です

窮鼠さん

NZの景気が落ち込んできたので、当分AUDNZDは稼いでくれそうですね
ホント順番に収穫モードに入ってくれて嬉しいです

ねむゴンさん

ねむゴンさんブログにもコメントしましたが、ドルホンはもう損切りしました
しばらく上がるシナリオが想像できないのと、いろいろ相場が動き出しきて
他の投資先に資金を使いたくて、塩漬けしている場合ではなくなったのが理由です

マイナススワップは最後に背中を一押ししてくれました(^^;


フォレックス・ドットコムMT4


アルパリ




にほんブログ村 為替ブログへ  にほんブログ村 為替ブログ FX トラップトレード派へ  人気ブログランキングへ
| 2012/11/15 | トラリピ日記 | comment(10) |

野田さん見直した

野田総理が、党首討論の中で議席削減を条件に解散を宣言しました

まさかの展開で安倍さんも流石に驚いて、ちょっと反応に窮していましたが
その後の自民党役員会で条件を飲むことを確認し、一気に解散の流れとなりました

まぁこれまでダラダラと引き伸ばした点は責められるところですが
・来年度予算編成への影響を最小限にする
・一向に進まない議員削減を決定させた
ところは素直に素晴らしいと思います

そして、決断し、戦略を練って党首討論という場で発表することによって
相手を圧倒し、少しでも有利な展開に持ち込むあたり、なかなかやり手
だなという感じです

これまで劣勢一方だった野田総理ですが、昨日の党首討論では完全に立場が
逆転しており、安倍さんを圧倒していました
小沢さんなんて、いたんですか?のレベルですしね

それに引き換え、未だにぴーちくぱーちく騒いでいる、民主党のゴミども
選挙で落選することは確実なので一日でも議員の座にしがみつきたいのでしょうが
みじめったらありません

そもそも
・維新の会は人気がた落ち、石原新党も結党直後で体制整わず、第三極と言われる
 勢力はまだバラバラ
・定数削減という爆弾を仕込むことによって、自民党の動き如何によっては
 参院選での巻き返しもあり得る
と言う点からも、民主党的にもこの流れはかなり評価できるはずなんですけどね

それすら分からないバカな人たちに囲まれて、野田さんも大変だったんでしょうね

冷静に見返せば、ねじれ国会で与党の力が弱い上に、肝心の与党内でも
意見がバラバラといった内憂外患、四面楚歌の状態で
 賛否は分かれるものの消費税増税を成し遂げて財政再建の道筋をつけ、
 中国や韓国と言った困ったチャンたちにも変な妥協はせずにきっちりと対応し、
 民主党を崩壊させたw
なかなか、優秀な総理だったと思います

もともと民主党は反自民、政権奪取と言うだけで集まった、考え方も
理念も全く違う人たちの集団ですし、政権与党という求心力を失った今
党を維持できるとは思えません

これを機に旧社会党系の売国勢力と縁を切って、まともな人たちだけで
出直せばいいんじゃないかと思います

民主党と共に埋もれていくには惜しい人だと思います

にほんブログ村 為替ブログへ  にほんブログ村 為替ブログ FX トラップトレード派へ  人気ブログランキングへ
| 2012/11/15 | その他 | comment(4) |

今週のリピート結果(2012/11/09)

9つの通貨ペアでポートフォリオを組んでトラリピを実施しています
クロス円を極力排除し、逆相関となるような通貨を組み込むことによって
リスク分散を図っています

使用口座はアルパリジャパンに移行しました
スプレッドが狭くスワップも比較的良好で、非常にバランスの良い業者です

アルパリ

各通貨ペアの設定は以下のとおり

EURUSD
 1.2500〜1.3000にトラップ幅20PIPS、利確幅50PIPSの買いトラップ
 1.3000〜1.4200にトラップ幅40PIPS、利確幅50PIPSの売りトラップ
EURGBP
 0.7800〜0.8100にトラップ幅10PIPS、利確幅25PIPSの買いトラップ
 0.8000〜0.9000にトラップ幅40PIPS、利確幅25PIPSの売りトラップ
GBPUSD
 1.4800〜1.6000にトラップ幅40PIPS、利確幅50PIPSの買いトラップ
 1.6000〜1.7000にトラップ幅40PIPS、利確幅50PIPSの売りトラップ
AUDNZD
 1.2000〜1.3100にトラップ幅10PIPS、利確幅50PIPSの買いトラップ
 1.2900〜1.3700にトラップ幅20PIPS、利確幅50PIPSの売りトラップ
AUDJPY
 73.00〜85.00にトラップ幅40PIPS、利確幅50PIPSの買いトラップ
GBPAUD
 1.5000〜1.6200にトラップ幅40PIPS、利確幅50PIPSの売りトラップ
GBPCAD
 1.5400〜1.6400にトラップ幅40PIPS、利確幅50PIPSの売りトラップ
USDCAD
 0.9400〜1.0000にトラップ幅10PIPS、利確幅50PIPSの買いトラップ
USDCHF
 0.8600〜0.9300にトラップ幅20PIPS、利確幅50PIPSの買いトラップ

週末時点での口座状況です

121109.png

前週比 +96428円

EURUSD 3回
EURGBP 4回
GBPUSD 3回
AUDNZD 21回
AUDJPY 3回
GBPAUD 5回
GBPCAD 4回
USDCAD 11回
USDCHF 0回

アメリカ大統領選挙が終わり、相場の雰囲気が大きく変わってきそうな感じです
久しぶりにリスクオフムードが漂いそうな感じで要注意ですが
トラリピ的にはボラティリティが大きくなってきて悪い状況ではありません
ユーロ崩壊とか行き過ぎた状態にならない限りはのんびりと
見守っていきたいです

先週はほとんどの通貨ペアで順調な動きでしたが
NZの指標悪化でAUDNZDが大きく上昇しました
そのおかげで大きく利確が進み、損益の改善しました


■こんなところでコメ返し

こじろうさん

ドルホンちょっと盛り返してきましたね
この調子で上がりだしてくれれば良いのですが(^^;

窮鼠さん

円高リスク軽減のため、ドルとユーロと円のジャブジャブ通貨で
分散しています
円の比率を増やそうかどうか迷っています

父さん

解決したようでよかったです

santaさん

フォローありがとうございます
助かります

タッキーさん

ロジックが複雑というよりは、トラリピの場合扱うポジションの数が多いので
どうしても処理量が膨大になってしまうんです

バックテストの際には、トラップ幅を広げてポジション数を減らすと
ポジションの減少に比例して早くなります

また、ロジックの特性上、control pointでも大きくは差は出ないと思います
影響としてはトレールの精度が落ちることになりますが、利益が減る方向への
影響なので、目を瞑っても良いかと・・・
EA自体は日足チャートでなくても日足データさえちゃんと揃っていれば
正常に動きますので、1時間足ぐらいでcontrol pointでテストすれば
そこそこの時間で終わってくれると思います

にほんブログ村 為替ブログへ  にほんブログ村 為替ブログ FX トラップトレード派へ  人気ブログランキングへ
| 2012/11/12 | メイン口座 | comment(4) |

大統領選挙後の状況とポートフォリオの見直し

オバマ大統領が再選を果たしました

選挙前から、オバマ氏が勝てばQE継続でドル安
ロムニー氏が勝てばQE終了でドル高圧力がかかると言われていました

そのオバマ氏が勝ったことで、QE継続は確実のものとなり
当面はドル安路線が継続されることになるでしょう
また、資金ジャブジャブ状態が続くことで、株や商品には
これまで同様に投機資金が流れ込んでいくことになるので
長期的にはドル安・株高・商品高の状態が継続していくと思います

一方で、短期的視点で見ると、大統領選挙が終わったことで
お祭りムードも終わり、今度は財政の壁が注目されてきました
また、長らく休憩していた欧州問題ですが、ここへ来てなにやら
キナ臭い感じが漂ってきています
経済指標もドンドン悪化しているし、そろそろ爆発しそうな
気がしないでもありません

そんなわけで、ちょっと私のポートフォリオを見直してみました

・トラリピ
 ここのところ低ボラで収益力自体は低下していますが、
 含み損もそれほど多くなく非常に安定しています。
 ただ、今後は急変動があるかもしれません
 高値ポジを結構整理しましたし、確定益も増えているので6月や7月程度の急落なら
 全く問題ありませんが、念のため警戒はしておきたいです

・ドルホン
 7.75張り付き状態で苦しい展開が続いています
 ドル安政策継続で、大きく反発するには時間がかかりそうです
 資金効率もよくありませんし、マイナススワップになる前に
 撤退も考えています

・くるくるワイド
 豪ドル円買い、ユーロ円売りトラップでくるくるワイドをやっています
 ユーロ円の上昇で含み損に苦しめられていましたが、EURAUDが下がってきた
 おかげで口座の状態が一気に改善しました。
 一旦全決済して仕切りなおしても良いかもしれません
 異通貨でのくるくるは結構難しいものがありますね


・スワップ口座
 EURAUDショート、AUDJPYロング、ZARJPYロング、TRYJPYロング、USDJPYショートで
 ポートフォリオを組んでいます

 全体として、
  AUD/ZAR/TRYを2:1:1の割合でロング
  EUR/USD/JPYを1:1:1の割合でショート
 の割合でポートフォリオを組んでいます

 クロス円のみでポートフォリオを組むよりは数段安定していると思いますが
 本格的なリスクオフになると、結局はユーロもドルも買われるので
 少し要注意です。
 ただし、基本的には仕込みのチャンスですので、暴落する場面があれば
 焦らずびびらず、ポジションを仕込んでいきたいと思います


■こんなところでコメ返し

父さん

仰るとおりだと思います
中心価格帯を外れる部分については、スイングで勝負するか
トラリピでやるにしても思い切って大きな利確幅にした方が
良い結果になりそうな気がしますね

TrapMasterはデフォルトだとオープンもトレーリングモードに
なっているので、そのためだと思います
今だと83円を切ってきているので、いくつかポジションが
出来ているのではないでしょうか


タッキーさん

ざっくりは言いすぎだったかもしれません(^^;
少し調べてみたところ、EURUSDはボラが大きいのでトラップ範囲も
広めになってしまいます
今の状態で買いは1.19〜1.4ぐらい、売りは1.26〜1.48ぐらいになります

このままでよければ問題ないですが、好みに応じて範囲を狭めても
良いかもしれません


しらいゆうきさん

はじめまして
手動トラップなら手間やリピート漏れのことを考えても
少し広めで良さそうですね

利確幅が狭いと頻繁に利確出来るため儲かっていると思いがちですが
一気に1円や2円程度動いて続けて何本も利確できた時に、一本当たりの
利益が小さいために、取りこぼしてしまうようです

にほんブログ村 為替ブログへ  にほんブログ村 為替ブログ FX トラップトレード派へ  人気ブログランキングへ
| 2012/11/09 | その他 | comment(6) |

豪ドル円利確幅の検証2012年版

依頼もありましたし、私自身も現在の状況を確認してみたかったので 久しぶりに利確幅の検証を行ってみました
まずは、豪ドル円の利確幅によるリピート回数の差を月ごとに調べました

利確幅以外の条件は全て共通で
 テスト期間 :2011/01/01〜2012/11/07
 トラップ範囲:70円〜90円
 トラップ幅 :0.2円
の条件でトラリピを実行し、月ごとの利確回数および利益額をまとめています
なお、利益額は単純に利確回数に利確幅を掛けて求めておりスワップは考慮されていません

 0.25円0.50円0.75円1.00円1.50円
 回数利益回数利益回数利益回数利益回数利益
2011.0152130002211000129000330000
2011.0243107502211000171275016160001015000
2011.031523800010050000735475061610005379500
2011.04122305007336500544050042420003045000
2011.05147367507638000453375031310001928500
2011.069022500452250028210001616000913500
2011.0775187504120500292175022220001421000
2011.082095225012562500876525066660004669000
2011.09135337507437000473525036360001624000
2011.101794475011256000866450070700005887000
2011.11119297506432000403000029290002030000
2011.12591475032160001914250121200069000
2012.0154135003316500241800021210001827000
2012.0296240005829000453375038380003045000
2012.0390225004723500322400025250001725500
2012.047719250412050026195001919000913500
2012.05701750033165001914250111100023000
2012.06118295007135500554125047470003552500
2012.0758145003216000221650017170001218000
2012.084110250178500967505500069000
2012.095112750301500022165001515000913500
2012.1055137503115500211575016160001218000
2012.1112300094500645005500046000
総計21045260001188594000818613500623623000435652500

ここのところボラティリティの小さい相場が続いていますが
相変わらず、0.5円以上が良い結果を残しています

もう少し0.25円も検討するかと思っていたのですが
まだまだですね

ただ、以前と違い通常月においては1円を超えるような
利確幅はちょっと苦戦する傾向にあります

大きく円安が進むような局面ではホームランを飛ばしますが
それ以外の場面では、0.5円以上はほぼフラットですし
適度に利確も進む0.5円で問題ないかと思います

■こんなところでコメ返し

豪ドル初心者さん

利確回数に単純に利確幅をかけただけなので、スワップは含まれていません
確かにスワップの問題はあるので、ショートでやるなら利確幅は小さめで
なるべくポジションを持つ期間を短めにすると良いかもしれませんね


窮鼠さん

営利企業なので多少の裏はあっても良いと思いますが
少しは客にもメリットを残しておいてほしいですね


タッキーさん

トラリピ一般に言えることですが、適度にボラがあって、
長期的にレンジ内で動いている通貨が良いと思います
ちょっと試した感じではEURUSDは良さそうな感じでした

自動で高値で売り安値で買いになるので、トラップ範囲に関しては
あまり神経質に考える必要は無く、ざっくりレンジ全体に設定
しておいて問題ないかと思います


トラリピ初心者さん

基本は0.01ロットで、細かい調整はトラップ幅で行っています
資金は通貨によって異なるので何ともいえませんが、
直近安値ぐらいは軽く耐えられるぐらいの資金は入れておいた
方が良いと思います


ますさん

申し訳ありませんが、ex4のみの提供となっています
ご了承お願いします


よしさん

expertsの中になるindicatorsフォルダにファイルを保存してください
その後、MT4を再起動すれば使用できるようになります

ナビゲータのCustom Indicatorsのなかに、ViewPositionInfoというのが
増えているはずなので、後はEAと同じようにチャートにドラッグすればOKです


父さん

手始めに豪ドル円ロングのみですがやってみました
なんとなく惰性で0.5円のまま利確幅を設定していましたが
今でも通用することが確認できてよかったです


にほんブログ村 為替ブログへ  にほんブログ村 為替ブログ FX トラップトレード派へ  人気ブログランキングへ
| 2012/11/08 | トラリピ考察 | comment(4) |

せま割りは本当にお得?

トラリピ利確幅に関する話題が人気のようなので
今がチャンスとばかりに便乗してみます

せま割りとは、未だに高額の手数料がかかる某社が打ち出した画期的w
なサービスで、利確幅20銭以下なら手数料が格安になるというものです

手数料が安くなる上に、20銭程度の利確幅だとがんがんリピートするため、
トレーダーの人気も高く、ブログなどを読んでいてもせま割りに対応して
利確幅を20銭で設定している方が多数います

しかし、その設定は本当にお得ですか??
リピート回数の多さに錯覚しているだけではないですか?


まずは、こちらをご覧ください

うわさの「せま割」本当にお得?
せま割り開始直前企画 利確幅の検証

ちょっと前の検証ですが、豪ドル円だとせま割りを考慮しても明らかに
利確幅50銭の方が優位性があります
今でも大きくは変わらないでしょう

次にこちら

豪ドル円利確幅の検証(ロング編)

こちらも去年の検証になりますが、人気記事にもある通り50銭より1円の方が
利益があがっています。
更に1.5円や2円でも1円と変わらない成績が出ています

ということで、やはりせま割りにするメリットは見られません

ご存知の通り某社はスプレッドも物凄く広いので、たとえ手数料を下げても
リピート回数が増えて取引量が増えれば、スプレッドからの収入が増えるので
総収入は増えると言う仕組みなんですよね
まぁよくある話ですが、せま割りで儲かるのは胴元だけでした。と言うお話しです


■こんなところでコメ返し

司馬さん
司馬さんも上手くいくといいですね

父さん
ご購入ありがとうございます
アルパリもちょっと前は、FOREX.comよりはマシだけどここまで良くは
無かったように思います。スプレッドもそうですが、着実に取引条件を
改善してくれているようで、非常に信頼できる業者ですね

ドルホン、底に張り付いてしまいました
時間かかりそうですね・・・

にほんブログ村 為替ブログへ  にほんブログ村 為替ブログ FX トラップトレード派へ  人気ブログランキングへ
| 2012/11/06 | トラリピ日記 | comment(6) |
Copyright (C) 多通貨分散トラリピで安定運用. All Rights Reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。