多通貨分散トラリピで安定運用TOP

多通貨分散トラリピで安定運用 新着情報

今週のリピート結果(2013/02/15)

10の通貨ペアでポートフォリオを組んでトラリピを実施しています
クロス円を極力排除し、逆相関となるような通貨を組み込むことによって
リスク分散を図っています

使用口座は、フォレックス・ドットコムジャパンのProスプレッド口座
二転三転しましたが、結局FOREX.comに戻ってきました。
スワップ・スプレッドとも申し分ない業者です
フォレックス・ドットコムMT4

各通貨ペアの設定は以下のとおり

EURUSD
 1.2700〜1.3500にトラップ幅40PIPS、利確幅50PIPSの買いトラップ
 1.3300〜1.4500にトラップ幅40PIPS、利確幅50PIPSの売りトラップ
EURGBP
 0.7800〜0.8800にトラップ幅40PIPS、利確幅25PIPSの買いトラップ
 0.8000〜0.9000にトラップ幅40PIPS、利確幅25PIPSの売りトラップ
GBPUSD
 1.4800〜1.6000にトラップ幅40PIPS、利確幅50PIPSの買いトラップ
 1.6000〜1.7000にトラップ幅40PIPS、利確幅50PIPSの売りトラップ
AUDNZD
 1.2000〜1.3100にトラップ幅10PIPS、利確幅50PIPSの買いトラップ
 1.2900〜1.3700にトラップ幅20PIPS、利確幅50PIPSの売りトラップ
AUDJPY
 78.00〜83.00にトラップ幅20PIPS、利確幅50PIPSの買いトラップ
 76.00〜77.60にトラップ幅40PIPS、利確幅300PIPSの買いトラップ
 72.00〜75.60にトラップ幅40PIPS、利確幅500PIPSの買いトラップ
GBPAUD
 1.5000〜1.6200にトラップ幅40PIPS、利確幅50PIPSの売りトラップ
GBPCAD
 1.5400〜1.6400にトラップ幅40PIPS、利確幅50PIPSの売りトラップ
 1.5300〜1.5800にトラップ幅20PIPS、利確幅50PIPSの買いトラップ
USDCAD
 0.9400〜1.0000にトラップ幅10PIPS、利確幅50PIPSの買いトラップ
ZARJPY
 9.000 〜10.500にトラップ幅5PIPS、利確幅15PIPSの買いトラップ
AUDCAD
 0.9900〜1.0500にトラップ幅20PIPS、利確幅50PIPSの買いトラップ
 1.0400〜1.0700にトラップ幅20PIPS、利確幅50PIPSの売りトラップ

週末時点での口座状況です

130215.png

前週比 -108954円

EURUSD 5回
EURGBP 3回
GBPUSD 2回
AUDNZD 7回
AUDJPY 0回
GBPAUD 9回
GBPCAD 15回
USDCAD 2回
ZARJPY 3回
AUDCAD 3回


ユーロ・円ともにG20を控えてか調整色が強い一週間でした
G20が何事も無く終わり、明日以降どのような動きになるか注目です。

とは言え、引続きボラティリティの大きな動きが続き
活発にリピートしてくれ、どんどん確定益が積みあがってくれています。

その一方でAUDNZD安ととEURGBP高は止まらず、含み損が
増え続けています。
特にAUDNZDはポジションが膨れ上がっているので、
要注意状態が続きます。

オーストラリアの経済状態が特別悪いわけではないので、
どこかで反転すると思うのですが、このままじり下げが
続くと苦しくなってきますね。


■ こんなところでコメ返し

タッキーさん

通貨ペアと買いか売りか、そしてトラップ幅
特にこの3つを誤ると致命的なダメージを受けますからね
長期的に安定して運用し続けるには、定期的に中長期的な
トレンドを意識しながら、設定を見直す必要があると思います

決して初心者が簡単に運用できるようなものでは
ないと思います


Toppiy38さん

私も同じくです
トラップ幅を1.2まで取っていましたが、本当にここまで落ちるとは
正直ほとんど考えていませんでした・・・
油断していたとしか言えません

にほんブログ村 為替ブログへ  にほんブログ村 為替ブログ FX トラップトレード派へ  人気ブログランキングへ

お便利ツール+α

ポジション情報&口座情報表示インジケータ
 通貨ペアごとのポジション集計情報と
 口座情報を表示するインジケータ
 【詳しい説明
 【ダウンロード
通貨ペア情報表示インジケータ
 4本値やスワップ値、ポジション情報
 などを表示するインジケータ
 【詳しい説明
 【ダウンロード
FOREX.com Japan
 1000通貨単位で取引可能
 Proスプレッドにすればスプレッドも良好
 フォレックス・ドットコムMT4
Alpari Japan
 1000通貨単位で取引可能
 スプレッドは国内最狭レベルで
 スキャル系EAには最適です
 アルパリ

| 2013/02/17 | メイン口座 | comment(0) |

リピートしまくりで絶好調 でも含み損も膨大に・・・

普段は有効証拠金で資産推移を見ているので
気付きませんでしたが、最近トラリピが絶好調です

去年だと、だいたい1週間で1万5000円ぐらいの
確定利益が積みあがるのが通常でしたが、今年に入ってからは
毎週3〜4万円ほど確定利益が積みあがっています

通貨別に見ると、GBPCADの爆発ぶりが目立ちますが、
全通貨ペアが満遍なくリピートしていることが分かります

アベノミクス相場で円安ばかりがクローズアップされていますが
ユーロも大きく動いていますし、市場全体のボラティリティが
上がってきているんでしょうね

ただ、一方で、AUDNZDロングとEURGBPショートの含み損が
ますます増えてきています
特にAUDNZDは危険レベルに到達しつつあります

確定利益が物凄いペースで積み上がっているために
緊急事態にはなっていませんが、ポジションが非常に大きく
なってきており、ここからは含み損の増加ペースも
更に加速するので、十分な注意が必要です


さて、そんな状況ではありますが、欧州危機もだいぶ
落ち着きを取り戻し、ユーロも安定してきたので
最安値圏のみで稼動させていたEURUSDとEURGBPの
トラップ範囲を元の範囲に戻しました


■ こんなところでコメ返し

窮鼠さん

SwingEAは勝率が低いので辛抱が要りますね(^^;
私の場合は、5〜6個EAが動いている口座で、
個々の成績をあまり把握できていないのが
却ってよかったようです


Toppiy38さん

まだまだ底ではなかったようで・・・
NZ好指標でいよいよ1.2割れも見えてきました(汗


タッキーさん

恐らくその感覚は正しいと思います
昔、いろいろ検証しましたが、50ぐらいまでは
逆指値を大きくすればするほど、リターンは減りますが、
リスクリターン率は改善されたはずです

どのあたりに持ってくるかは戦略次第ですね

にほんブログ村 為替ブログへ  にほんブログ村 為替ブログ FX トラップトレード派へ  人気ブログランキングへ
| 2013/02/15 | トラリピ日記 | comment(2) |

今週のリピート結果(2013/02/08)

10の通貨ペアでポートフォリオを組んでトラリピを実施しています
クロス円を極力排除し、逆相関となるような通貨を組み込むことによって
リスク分散を図っています

使用口座は、フォレックス・ドットコムジャパンのProスプレッド口座
二転三転しましたが、結局FOREX.comに戻ってきました。
スワップ・スプレッドとも申し分ない業者です
フォレックス・ドットコムMT4

各通貨ペアの設定は以下のとおり

EURUSD
 1.2500〜1.3000にトラップ幅20PIPS、利確幅50PIPSの買いトラップ
 1.3300〜1.4500にトラップ幅40PIPS、利確幅50PIPSの売りトラップ
EURGBP
 0.7800〜0.8100にトラップ幅10PIPS、利確幅25PIPSの買いトラップ
 0.8000〜0.9000にトラップ幅40PIPS、利確幅25PIPSの売りトラップ
GBPUSD
 1.4800〜1.6000にトラップ幅40PIPS、利確幅50PIPSの買いトラップ
 1.6000〜1.7000にトラップ幅40PIPS、利確幅50PIPSの売りトラップ
AUDNZD
 1.2000〜1.3100にトラップ幅10PIPS、利確幅50PIPSの買いトラップ
 1.2900〜1.3700にトラップ幅20PIPS、利確幅50PIPSの売りトラップ
AUDJPY
 78.00〜83.00にトラップ幅20PIPS、利確幅50PIPSの買いトラップ
 76.00〜77.60にトラップ幅40PIPS、利確幅300PIPSの買いトラップ
 72.00〜75.60にトラップ幅40PIPS、利確幅500PIPSの買いトラップ
GBPAUD
 1.5000〜1.6200にトラップ幅40PIPS、利確幅50PIPSの売りトラップ
GBPCAD
 1.5400〜1.6400にトラップ幅40PIPS、利確幅50PIPSの売りトラップ
 1.5300〜1.5800にトラップ幅20PIPS、利確幅50PIPSの買いトラップ
USDCAD
 0.9400〜1.0000にトラップ幅10PIPS、利確幅50PIPSの買いトラップ
USDCHF
 0.8600〜0.9300にトラップ幅20PIPS、利確幅50PIPSの買いトラップ

ZARJPY
 9.000 〜10.500にトラップ幅5PIPS、利確幅15PIPSの買いトラップ
AUDCAD
 0.9900〜1.0500にトラップ幅20PIPS、利確幅50PIPSの買いトラップ
 1.0400〜1.0700にトラップ幅20PIPS、利確幅50PIPSの売りトラップ

週末時点での口座状況です

130208.png

前週比 +121080円

EURUSD 10回
EURGBP 10回
GBPUSD 4回
AUDNZD 18回
AUDJPY 0回
GBPAUD 3回
GBPCAD 20回
USDCAD 5回
USDCHF 3回
ZARJPY 2回
AUDCAD 5回


ついにユーロが急落しました
円安も止まりましたね
ポンドやカナダドルも大きく動き、トラリピ的にはお祭り週間でした

ユーロ急落でEURGBPの含み損も大きく減り、口座の状況が改善されました
また、先週から停止していたUSDCHFですが、ユーロ安にあわせて
だいぶ値を戻してきたので、残りのポジションを全決済し完全に終了しました


■ こんなところでコメ返し

久里さん

なるほどシェールガスですか・・・
オーストラリアと言えば鉄鉱石のイメージでしたが
確かに石炭など化石燃料の方が大きな割合を占めているんですね
ありがとうございます

Toppiy38さん

底だったかも知れません
単たる調整なのかトレンド転換なのか、今週の動きに注目ですね

タッキーさん

EURGBPもAUDNZDもようやく一息つきました
とは言え、このままユーロ安のリスクオフ相場になってもらっても
困るので、微妙な心境です(^^;

にほんブログ村 為替ブログへ  にほんブログ村 為替ブログ FX トラップトレード派へ  人気ブログランキングへ
| 2013/02/09 | メイン口座 | comment(4) |

トラリピ口座ちょっとピンチ!さてどうしよう・・・

AUDNZD安が止まりません
どんどん直近の安値を更新し、ついに1.22前半まで落ちていました
AUDNZDはトラップ幅を非常に狭くしていたので、かなり含み損も
膨れてきています

さてどう対処するか・・・

そもそもAUDNZDだけトラップ幅を狭くしたのは3つ理由があります

一つ目は、レンジ性が高く大きな価格変動は無いと見込んでいたこと
共にオセアニア通貨で相関性が高いので、そんなに極端な値動きは
しないだろうと見込んでいました
リーマンショック時こそ大暴落していますが、それ以外は何度かある
急落場面でも1.2程度までで収まっていました

二つ目が、ユーロやクロス円など主要通貨ペアと相関性が低いことです
今もそうなんですが、他の通貨と関係なく値動きしているので
含み損が増えてきても、口座全体で見れば大きな傷にはなっていません

そして三つ目が、右辺がNZDなので、1pips当たりの価値が小さいことです。
含み損が増えてもNZDJPY自体が比較的安いため、円換算すると
他の通貨ペアに比べるとダメージが小さくてすみます

これらの理由により、多少AUDNZDの含み損が増えても耐えられるかなと
思ってポジション数を増やしました


では今の状況はどうか

このトレンドがいつまで続くかは分かりませんが、とりあえず
今の価格帯はまだ想定内の範囲ですし、リーマン級の大変動が
来るほどの要因も今のところ見当たりません。

また、EURGBPの含み損が増えているのは気になりますが、
それ以外は含み損も小さく、口座全体で見るとまだ余裕があります。

ただ、アベノミクス相場に乗ってNZDJPYは大きく値上がりしているため
円換算時のダメージは以前に比べて大きくなっていますね

最後の点は多少気になるところですが、今の状況で危機的と言える
状況でもないので、とりあえず何か早急に対応を行うことはしません。
場合によっては追加入金はあり得ますが・・・


あと、3つの理由とは関係ありませんが、今のAUDNZD安が
リスクオフによるAUD安によって引起されているものではなく、
リスクオンによるNZD高によるものだと言うのも大きな理由です

トラリピ口座の含み損は増えていますが、スワップ口座ではAUDJPYの
含み益が増えていますので、上手く相殺されています

これが、豪州に異変が起きて豪ドル独歩安の展開になると、
資産全体でのダメージが大きくなるので、真剣に対応を考えないと
いけないようになります
今のところ最大のリスクはチャイナリスクですかね・・・


■ こんなところでコメ返し

父さん

ユーロはボラが大きいので非常に魅力的ですが、その反面、
扱いを誤ると破綻一直線なので諸刃の剣です
安全運転を心がけるなら縁を切るのも手ですね


窮鼠さん

カルテットポートは我慢のしどころでしょうか
ただ、ポジション数が知れているので、安心してみていられますね


Toppiy38さん

レンジ代わりの可能性はありますね
どこで下げ止まるかがポイントですね


タッキーさん

去年の秋ごろから変わり始めたようですね
ユーロが底をうった時や、その前に天井つけた時の雰囲気を考えると
今はまだ天井ではないような気がしないでもないです


やまとさん

雰囲気的な面だけ見ると、まだまだ大多数は円安に疑心暗鬼なので
まだ当分は今の状況が続きそうな気がしますが、こればっかりは
一瞬で流れが変わることもあるのでなんとも・・・

にほんブログ村 為替ブログへ  にほんブログ村 為替ブログ FX トラップトレード派へ  人気ブログランキングへ
| 2013/02/07 | トラリピ日記 | comment(3) |

今週のリピート結果(2013/02/01)

10の通貨ペアでポートフォリオを組んでトラリピを実施しています
クロス円を極力排除し、逆相関となるような通貨を組み込むことによって
リスク分散を図っています

使用口座は、フォレックス・ドットコムジャパンのProスプレッド口座
二転三転しましたが、結局FOREX.comに戻ってきました。
スワップ・スプレッドとも申し分ない業者です
フォレックス・ドットコムMT4

各通貨ペアの設定は以下のとおり

EURUSD
 1.2500〜1.3000にトラップ幅20PIPS、利確幅50PIPSの買いトラップ
 1.3300〜1.4500にトラップ幅40PIPS、利確幅50PIPSの売りトラップ
EURGBP
 0.7800〜0.8100にトラップ幅10PIPS、利確幅25PIPSの買いトラップ
 0.8000〜0.9000にトラップ幅40PIPS、利確幅25PIPSの売りトラップ
GBPUSD
 1.4800〜1.6000にトラップ幅40PIPS、利確幅50PIPSの買いトラップ
 1.6000〜1.7000にトラップ幅40PIPS、利確幅50PIPSの売りトラップ
AUDNZD
 1.2000〜1.3100にトラップ幅10PIPS、利確幅50PIPSの買いトラップ
 1.2900〜1.3700にトラップ幅20PIPS、利確幅50PIPSの売りトラップ
AUDJPY
 78.00〜83.00にトラップ幅20PIPS、利確幅50PIPSの買いトラップ
 76.00〜77.60にトラップ幅40PIPS、利確幅300PIPSの買いトラップ
 72.00〜75.60にトラップ幅40PIPS、利確幅500PIPSの買いトラップ
GBPAUD
 1.5000〜1.6200にトラップ幅40PIPS、利確幅50PIPSの売りトラップ
GBPCAD
 1.5400〜1.6400にトラップ幅40PIPS、利確幅50PIPSの売りトラップ
 1.5300〜1.5800にトラップ幅20PIPS、利確幅50PIPSの買いトラップ
USDCAD
 0.9400〜1.0000にトラップ幅10PIPS、利確幅50PIPSの買いトラップ
USDCHF
 0.8600〜0.9300にトラップ幅20PIPS、利確幅50PIPSの買いトラップ
ZARJPY
 9.000 〜10.500にトラップ幅5PIPS、利確幅15PIPSの買いトラップ
AUDCAD
 0.9900〜1.0500にトラップ幅20PIPS、利確幅50PIPSの買いトラップ
 1.0400〜1.0700にトラップ幅20PIPS、利確幅50PIPSの売りトラップ

週末時点での口座状況です

130201.png

前週比 -103895円

EURUSD 1回
EURGBP 4回
GBPUSD 3回
AUDNZD 8回
AUDJPY 0回
GBPAUD 7回
GBPCAD 9回
USDCAD 0回
USDCHF 0回
ZARJPY 8回
AUDCAD 8回


ユーロ高がとまりません
半年前はユーロ崩壊で1.2割れは確実だと思われていたのに
気づけば1.36。1.4すら超えていきそうな勢いです。
ポンド安と重なって、EURGBPショートが結構やばくなってきました

AUDNZD安も止まりません。
こちらはトラップ幅がかなり狭めでポジション数が多いので
更に厳しい状態です。そろそろ何か対策を考えないといけないかも
知れません

一方で、先日追加したZARJPYは絶好調です
元々15pips利確なのでリピートすれば大きいのですが、
ガンガンリピートする上に、トレールもしまくって、破壊力抜群です


そして、今週更に新しい通貨ペアAUDCADを増やしました
AUDとCADといえば相関性が高いことで有名で、AUDのヘッジ用に
よくCADを使ったりしますが、AUDCAD自体はあまり検討していませんでした

改めてチャートを見ると、やはりレンジ性は高く、トラリピ向きに
思えたので早速追加してみました

また、USDCHFを停止しました
元々USDCHFはEURUSDが1.2台前半にいたときに、EURUSDショートの
トラップレンジを下げる代わりに、追加したものです
今となってはEURUSDショートトラップもフル稼働しているので、
ユーロ高のリスクを下げるために停止させることにしました

改めて10通貨ペアでのポート。楽しみです

にほんブログ村 為替ブログへ  にほんブログ村 為替ブログ FX トラップトレード派へ  人気ブログランキングへ
| 2013/02/02 | メイン口座 | comment(5) |

カルテット続々追加

まずは4通貨で始めたナンピンカルテット口座
トラリピと違ってすぐにポジルわけではないので
ちょっと退屈です(^^;

そこで、トラリピで使っている通貨ならクセも大体分かっているし
カルテットで動かしても大丈夫だろうということで
AUDNZD(L&S)、GBPCAD(L&S)、USDCAD(L&S)を追加しました

また、以前より気になっていた、AUDUSD(L),EURAUD(S)も追加して
合計9通貨ペアで稼動させています

パラメータは基本デフォルトのままで、
上限下限のみ下記の設定に変更しています

 EURUSD(L&S):L上限1.33、S下限1.30
 EURGBP(L&S):L上限0.85、S下限0.82
 GBPUSD(L&S):L上限1.59、S下限1.57
 AUDNZD(L&S):L上限1.31、S下限1.27
 AUDUSD(L) :L上限1.05
 EURAUD(S) :S下限1.24
 GBPAUD(S) :S下限1.515
 GBPCAD(L&S):L上限1.59、S下限1.56
 USDCAD(L&S):L上限1.02、S下限0.98

今のところ、ほとんどの通貨で含み益で推移しており
穏やかな動きをしてくれています


また、ドルホンがついに本格的に上昇を始めました
まだ仕込み途中だったので、昨日やむなく7.756で
ジャンピングキャッチました

米金利も最近は安定しているし、マイナススワップの
懸念もだいぶ和らいでいます。
どこまで上がるかズバシ楽しみです☆

ただ、こじろうさん情報では、昨日FXDDで一時的に
マイナススワップになったようです。
最終的にはプラススワップに戻っていて
事なきを得たようですが、FXDDはちょっと要注意ですね


■ こんなところでコメ返し

こじろうさん

見間違いであったらいいのですが・・・
FXDDはたまに怪しいことをするので若干心配です


Toppiy38さん

これだけ一方向に動くとトラリピは難しいですね
特に売りで入ってしまうと、マイナススワップが重い上に
天井の目処が良くわからないですからね・・・

ブログなどを見ていてもヘッジのはずのポジに
つぶされている人がたくさん居ます

難しいですね・・・

にほんブログ村 為替ブログへ  にほんブログ村 為替ブログ FX トラップトレード派へ  人気ブログランキングへ
| 2013/01/29 | トラリピ日記 | comment(0) |

今週のリピート結果(2013/01/25)

9つの通貨ペアでポートフォリオを組んでトラリピを実施しています
クロス円を極力排除し、逆相関となるような通貨を組み込むことによって
リスク分散を図っています

使用口座は、フォレックス・ドットコムジャパンのProスプレッド口座
二転三転しましたが、結局FOREX.comに戻ってきました。
スワップ・スプレッドとも申し分ない業者です
フォレックス・ドットコムMT4

各通貨ペアの設定は以下のとおり

EURUSD
 1.2500〜1.3000にトラップ幅20PIPS、利確幅50PIPSの買いトラップ
 1.3300〜1.4500にトラップ幅40PIPS、利確幅50PIPSの売りトラップ
EURGBP
 0.7800〜0.8100にトラップ幅10PIPS、利確幅25PIPSの買いトラップ
 0.8000〜0.9000にトラップ幅40PIPS、利確幅25PIPSの売りトラップ
GBPUSD
 1.4800〜1.6000にトラップ幅40PIPS、利確幅50PIPSの買いトラップ
 1.6000〜1.7000にトラップ幅40PIPS、利確幅50PIPSの売りトラップ
AUDNZD
 1.2000〜1.3100にトラップ幅10PIPS、利確幅50PIPSの買いトラップ
 1.2900〜1.3700にトラップ幅20PIPS、利確幅50PIPSの売りトラップ
AUDJPY
 78.00〜83.00にトラップ幅20PIPS、利確幅50PIPSの買いトラップ
 76.00〜77.60にトラップ幅40PIPS、利確幅300PIPSの買いトラップ
 72.00〜75.60にトラップ幅40PIPS、利確幅500PIPSの買いトラップ
GBPAUD
 1.5000〜1.6200にトラップ幅40PIPS、利確幅50PIPSの売りトラップ
GBPCAD
 1.5400〜1.6400にトラップ幅40PIPS、利確幅50PIPSの売りトラップ
 1.5300〜1.5800にトラップ幅20PIPS、利確幅50PIPSの買いトラップ
USDCAD
 0.9400〜1.0000にトラップ幅10PIPS、利確幅50PIPSの買いトラップ
USDCHF
 0.8600〜0.9300にトラップ幅20PIPS、利確幅50PIPSの買いトラップ

週末時点での口座状況です

130125.png

前週比 -69747円

EURUSD 4回
EURGBP 2回
GBPUSD 0回
AUDNZD 0回
AUDJPY 0回
GBPAUD 4回
GBPCAD 11回
USDCAD 10回
USDCHF 0回
ZARJPY 5回


AUDNZDの含み損が急増してきました
ちょっと嫌な感じですね
また、EURGBPもいつの間にか0.85まで上昇しており
含み損が増えてきています
ちょっと要注意です

また、新しく追加したZARJPYは早速連続利確で
利益を上げてくれています
いきなり急落して少し焦りましたが、順調な滑り出しです



■こんなところでコメ返し

こじろうさん

ドルホン来てますね
ズバシ楽しみです


Toppiy38さん

ここでトレンドについていくかどうかの判断は完全に裁量の範疇ですからね
それが正確に決断できるならトラリピやる必要も無いわけで・・・
難しい相場ですね


窮鼠さん

カルテットの本領発揮はこれからですかね
トラリピではハイリスク過ぎるような通貨でもカルテットなら
扱えそうで楽しみです
なかなか新通貨の研究が出来ないですが・・・



にほんブログ村 為替ブログへ  にほんブログ村 為替ブログ FX トラップトレード派へ  人気ブログランキングへ
| 2013/01/28 | メイン口座 | comment(3) |

よく言った

止まることのない円安についに諸外国が文句を言い始めました

とは言え、高々ドル円90円ユーロ円120円なんて数年スパンで見れば
まだまだ超円高ゾーンですし、そもそもずっと前から日本以上に
ジャブジャブ状態の国や、平然と裏で為替操作を行っているような
国に文句を言われる筋合いは無いわけですが、それでも何か
言われるのが国益のぶつかり合う外交の場です

これまで日本は何か言われると、「丁寧に説明する」「理解を得るよう努力する」
と言った消極的な姿勢ばかりでしたが、今回はちょっと違うようです

「ドイツが日本の為替操縦を言う資格なし」=甘利経済再生相

いやーよく言ってくれました
わざとギリシャ問題をこじらせてユーロ安に導いているとさえ
思われるドイツなんかに文句言われる筋合いは全く無いんですよ

必要以上に事を荒立てて喧嘩する必要はありませんが、
はっきり意見を言わないとなめられるのが世界の常識なので、
この調子で頑張ってください


さて、ドルホンがじわじわと離陸し始めています
12月中ごろまでは底値張り付き状態で全く値動きが無かったのですが
年末ごろから値動きが出始め、今年に入って明確に底値を切り上げながら
上昇し始めています

どこまで上昇するか楽しみです


■ こんなところでコメ返し

Toppiy38さん

長い目で見るとマイナススワップを超える利益は出るんでしょうが
実際に見ていると精神的に厳しいですね

父さん

感覚的にはGBPAUDのように、実は天井が良くわからないと言った通貨は
カルテットの方が逃げれるチャンスがあって安全かなぁと思うのですが、
含み損を多く抱える場面を経験して、動きを把握してみないと
良くわからないですね

長期戦になりそうです

にほんブログ村 為替ブログへ  にほんブログ村 為替ブログ FX トラップトレード派へ  人気ブログランキングへ
| 2013/01/25 | トラリピ日記 | comment(3) |

カルテットポート始動

窮鼠さんが作成されたナンピンカルテット

ナンピン型のEAですが、マーチンゲールのような
激しいナンピンではなく、等ロットでナンピンしていく
マイルドなナンピンEAです

そのため、コツコツと利益を積み重ねていく一方で
一発破綻の危険性も少なくトラリピに似た動きをするそうです

また、決済時はまとめて決済されるため、塩漬けポジが
残りにくいと言うメリットもあります


そこで、私も早速稼動させることにしました
まずは窮鼠さんご推奨の4通貨ペアをまねっこで開始です

この後は、トラリピポートで採用している通貨ペアに加え
AUD/USD(L)、EUR/AUD(S)、EUR/TRY(S)、EUR/SEK(S)、USD/CNH(S)
あたりをバックテストで検証し、良さそうな通貨ペアがあれば
順次加えていきたいと思います


将来的には、トラリピポートと上手く棲み分けしながら
共存させる形に持っていけたらと考えています


■こんなところでコメ返し

Toppiy38さん

ランド円はちょっと早まったかもしれません(^^;
仰る通りカントリーリスクが高く下値もはっきりしないので
あまりトラリピ向きではないと思います

ただ、スワップ口座でランド円を仕込み損ねているので
最悪そっちに振り替えるかもしれません

にほんブログ村 為替ブログへ  にほんブログ村 為替ブログ FX トラップトレード派へ  人気ブログランキングへ
| 2013/01/24 | トラリピ日記 | comment(2) |

日銀会合を受けて、円も株も乱高下

事前の予測どおり2%の物価目標の導入を決定しました
また、無期限緩和の導入も決定しました

かなり大騒ぎしたのでさぞかし凄いことかと思いそうですが
実際はようやく欧米の緩和度合いに追いついたに過ぎません

とは言えようやくスタートラインに立ったわけですし
しっかりとデフレ脱却・景気回復に向けて取り組んでもらいたいものです

この決定を受けて、円相場も株式市場も乱高下しています
発表直後は素直に好感して急伸したのですが、その後材料出つくしから
反落し、今度は大幅に下げています

中期的には円安株高が進むと思いますが、しばらくは調整売りが
出るのかもしれませんね


さて、レンジから完全に外れてしまっている豪ドル円ですが、
これが再びトラップ圏内に復活するのは当面なさそうです

何パターンか対応策を考えていました。
豪ドル円のレンジを上げるか、代わりにドルストレートで
豪ドル米ドルを追加するか・・・

しかし、レンジ変更、万が一暴落してしまった時のリスクが大きすぎるし、
やはり1つぐらいはクロス円があった方が寂しくないだろうし・・・
と言うことで、クロス円の中で比較的安値にとどまっているランド円を
追加することにしました

ただ、あまりリスクは取りたくないので、トラップ上限は10.5円とします
すぐに上限を突き破ってしまうかもしれませんが、これでしばらく様子を
見ようと思います

ZARJPY
 9.00〜10.50にトラップ幅5PIPS、利確幅15PIPSの買いトラップ


■こんなところでコメ返し

Toppiy38さん

何事もシンプルが一番ですね
ロングのみだとレンジか上昇で勝てるのに、
両建てだとレンジでしか勝てないんだから、
かなりハードル高いですよね


窮鼠さん

調子にのってトラップ増やしすぎました・・・
スワップもあるし、今のレンジで上下する分には
全然構わないのですが、あまり大きく下げると
厳しくなってきそうです

にほんブログ村 為替ブログへ  にほんブログ村 為替ブログ FX トラップトレード派へ  人気ブログランキングへ
| 2013/01/22 | トラリピ日記 | comment(1) |
Copyright (C) 多通貨分散トラリピで安定運用. All Rights Reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。