多通貨分散トラリピで安定運用TOP ≫  FX業者 サービス

FX業者 サービス

サイバーエージェントFX vs FOREX.com スワップ比較

スプレッド縮小キャンペーンで、サイバーエージェントMT4
ようやく利用しやすい業者になってきました
このキャンペーンによって、スプレッドが大きく改善され、
FOREX.comジャパンと遜色無いレベルになっています

そこで、スプレッドと並んで業者選択の重要な要素であるスワップについて
FOREX.comジャパンとサイバーエージェントFXの比較をして見ました

サイバーエージェントFXFOREX.com JP
買い売り買い売り
USDJPY1-70-40
EURJPY-3-30-40
AUDJPY93-9980-120
GBPJPY7-1310-50
NZDJPY41-48
CHFJPY-92-400
CADJPY14-2210-50
ZARJPY10-1810-50
EURUSD-0.4-0.20-0.4
GBPUSD0.9-1.50.1-0.5
AUDUSD1.22-1.281.1-1.5
NZDUSD0.52-0.6
※1万通貨保有時のスワップ
※単位はクロス円は円、ドルストレートはドルになります

サイバーエージェントFXの圧勝ですね
FOREX.comジャパンが酷すぎるというのもありますが、
サイバーエージェントFXのスワップは、一般のFX業者に入っても
そんなに悪くない条件を提示してくれています
特にマイナススワップが酷くないところが良いですね

トラリピをやる場合、スワップはあくまでもおまけですが
保有期間が長期に渡るケースが多いことを考えると
スワップが良い方が有利なことは間違いありません
また、これまでマイナススワップが大きすぎて売りトラップを
躊躇っていた方も、サイバーエージェントFXなら売りやすくなるでしょう

そういう意味でも、トラリピ口座としてはサイバーエージェントFXの方が
圧倒的にお勧めできる口座といえると思います

取引通貨数の少なさが最大の問題ですが、クロス円とドルストレートの
メジャーどころは抑えてあるので、M2Jから移行するには最適な業者と
言えるのではないでしょうか

ただ、私のポートフォリオは全く維持できませんね・・・
もう少し頑張って欲しいところです


にほんブログ村 為替ブログへ  にほんブログ村 為替ブログ FX トラップトレード派へ  人気ブログランキングへ

お便利ツール+α

ポジション情報&口座情報表示インジケータ
 通貨ペアごとのポジション集計情報と
 口座情報を表示するインジケータ
 【詳しい説明
 【ダウンロード
通貨ペア情報表示インジケータ
 4本値やスワップ値、ポジション情報
 などを表示するインジケータ
 【詳しい説明
 【ダウンロード
FOREX.com Japan
 1000通貨単位で取引可能
 Proスプレッドにすればスプレッドも良好
 フォレックス・ドットコムMT4
Alpari Japan
 1000通貨単位で取引可能
 スプレッドは国内最狭レベルで
 スキャル系EAには最適です
 アルパリ

サイバーエージェントがようやくやる気を出してきた

予想以上の悪条件でガッカリさせてくれたサーバーエージェントFXのMT4口座ですが、
サービス開始1ヶ月がたって、ようやくやる気を出してきました

スプレッド縮小キャンペーン

一応、期間限定のキャンペーンですが、キャンペーン終了後には期間が延長されるか
正式にスプレッドが縮小されるのがFX業界の常なので、今回も期待したいですね

キャンペーンのスプレッドを見ると、ほとんどの通貨ペアで大きく条件が改善されて
FOREX.comと互角以上の条件になってきました。
これで、ようやく使える口座になって来たと言えるでしょう

また、MT4業者はどこもスワップはびっくりするほど悪いのですが、
サイバーエージェントFXは、スワップ条件はかなり良い部類で、
MT4以外の業者と比べてもそれほど悪くないぐらいの条件です
もちろんFOREX.comよりは、はるかに良い条件です

取扱い通貨が少ないのが弱点ですが、メジャー通貨でのクロス円とドルストレートは
一通りそろっており、スワップが圧倒的によく、スプレッドもFOREX.comと互角以上となれば、
真剣に利用を考えても良いかと思います



にほんブログ村 為替ブログへ  にほんブログ村 為替ブログ FX トラップトレード派へ  人気ブログランキングへ

VPSトラブルV そして伝説へ・・・VPS比較編

これまでの経緯はこちら
VPSトラブル FOREX.comUKに繋がらない!
VPSトラブルその2 Windowsデスクトップへの移行

その後、1週間以上経過していますが、未だ原因は不明で調査中との事なので
早々にお名前.com Windowsデスクトップに移行しておいて、一応は正解でした

ただ、調査中ではありますが、MetaTraderWebは替わりのVPSを用意してくれていますし、
サポートとしてはしっかりしていると思います

トラブルはありましたが、サポートとのやり取りを通じて
FOREX.comUK も MetaTraderWeb もしっかりと対応してくれており、
十分信頼できる会社だという認識が強まりました

まぁスキル的には不満が無いわけではないですが、ネットワークトラブルは
調査に手間取るであろう事は想像がつくので、仕方ないことにします


今では、半分のMT4をMetaTraderWebに戻し、機嫌よく2台体制で稼動しています
以前は相場が激しく動く時は、CPU負荷が100%になってVPSが非常に重い状態に
なっていましたが、今は非常に快適に動いており2台体制にして良かったと思います

1/26の朝には、これの影響かわかりませんが、Windowsデスクトップから
FOREX.com(JP,UKとも)のMT4にログインできないという障害が発生していました。
正直またか?という思いもありましたが、MetaTraderWebからは普通にログインできたので
すぐにMT4の起動をMetaTraderWeb側に切り替えることが出来たので、全く問題ありませんでした

私の運用では、本当はここまでする必要は無いと思いますが、本格的にスキャル系のEAを
動かしているような人にとっては、物理的に別の場所にサーバーがある複数のVPSと
契約しておくと、トラブル時の保険として良いと思います

ちなみに、MetaTrader Webは、VPS自体はレンタルサーバー使えるねっと
VPSを利用しています

使えるネットもWindowsデスクトップも共にメモリ1Gプランなのですが
両者を使い比べてみると、実際に使用できるメモリは全然違います
WindowsデスクトップはOS起動時にすでに500Mほど使用されているので
ユーザが実際に使えるメモリは500Mほどしかないのに対し、
使えるネットではOS起動時に200Mほどしか使用されていないので、
ユーザは800Mほど自由に使用できます

普通にOSを起動したら500Mぐらい使うのは普通なので、使えるネットが
どういった管理になっているのかわかりませんが、かなりお得といえるでしょう

また、CPUもタスクマネージャで見る限り、
Windowsデスクトップが1コアしか使えないのに対して、
使えるネットは4コア使えるようです

onamae.png


tukaeru.png


仮想化周りの技術は良くわからないので、詳しいことはわかりませんが
これらの数値を見る限りは、同じスペックの契約をした場合だと、
使えるネットのほうが実際に利用できる資源は多いと思います

ただ、利用料金はWindowsデスクトップのほうが安いですし、
WindowsデスクトップでもMT4を5つぐらいは起動しても問題なく動いています

MT4を1個とか2個動かすぐらいであればWindowsデスクトップで十分だと思いますし、
逆にヘビーユーザの場合は、使えるネットの方が起動可能なMT4の上限数は多いはずなので
こちらの方がお徳かと思います

FX自動売買に最適

レンタルサーバーなら使えるねっと

にほんブログ村 為替ブログへ  にほんブログ村 為替ブログ FX トラップトレード派へ  人気ブログランキングへ

VPSトラブルその2 Windowsデスクトップへの移行

これまでの経緯はこちら
VPSトラブル FOREX.comUKに繋がらない!

さて、FOREX.comUK側に問題が無いとすれば、問題はVPS側ということになりますので
早速MetaTrader Webにメールを書きました
急いでいるので、本当は電話で問い合わせたかったのですが、サポートはメールのみのようなので
仕方なくメールで状況を伝え、対応を依頼しました

また私の方でも調べられることはやってみました
・FOREX.comUK以外の業者への接続は全く問題がない
・FOREX.comUKでもデモ口座へのログインは問題がない

更に、妻に電話して自宅のPCを起動してもらい、自宅のPCからはちゃんとログインできることも
確認しました

更に更に、VPSからも ping はちゃんと通ったので、DNS等の問題でもなくネットワーク的には
問題なく繋がっていることも分かりました

と言うことで、「VPS上のMT4からFOFREX.comUKのライブ口座にのみ接続できない」
と言うことが分かりました


この時点で、MetaTraderWebのサポートからは返事は来ていませんでしたが、
直感的に、問題の根は深く解決には時間がかかりそうな気がしたので
お名前.com Windowsデスクトップを契約し、移行することに決めました

ここ最近、稼動するMetaTraderの数が増えてきて、1台のVPSでは厳しくなってきていたので
お名前.comも借りてVPS2台体制にしようかと考えていましたので、まぁ良いタイミングだったと思います

さて、お名前.com Windowsデスクトップは申し込み後、1時間程度で使えるようになるそうですが
実際には30分ぐらいで使えるようになりました
それからデータの移行を済ませ、無事MT4が起動するまでも30分程度で出来たので
あわせて1時間程度で移行が完了したことになります(^^)

このあたりの移行の手順はまた記事にしたいと思います

移行も一通り完了し、EAたちが正常に動いていることを確認して一息ついたころ、
MetaTraderWebのサポートから返事が来ました。
想像通り原因は不明で引続き調査するとの事でした

もう移行も済んで復旧していたので、もはやどうでも良かったのですが
一応原因がはっきりした方がすっきりするので、こちらで調べて分かったことも追記して
継続調査をお願いしておきました

FX自動売買に最適

にほんブログ村 為替ブログへ  にほんブログ村 為替ブログ FX トラップトレード派へ  人気ブログランキングへ

FOREX.com UK 出金処理は順調

海外業者はいろいろと悪い噂も聞きます
私の使っているFOREX.com UKは、世界的にも大手で歴史もある
業者なので心配は無いと思うのですが、念のため出金の
確認をしてみました

クレジットカードで入金したので、クレジットカードへの
出金依頼をしました
依頼したのは日本時間の夜11時ごろです

そして翌朝出勤前にメールを確認すると、驚愕のメールが・・・

「Your withdrawal request has been cancelled.」

英語はあまり得意ではありませんが、これぐらいの意味はわかりますよ
出金依頼はキャンセルされました!!

まさかForex.comUKも悪徳業者??

焦った私は、即効でメールで問合せだけして出勤しました
「キャンセルした覚えなんかあらへんで!なんでやねん?誰がやってん?」

出勤中も頭の中でいろんなことが駆け巡ります
さて、どうやって抗議しようか・・・しかも英語で・・・
どうにもならなくなったら、異業者両建てで別業者に資金を
移していくしかないかなぁ

などと考えていると、わずか30分ほどでサポートから返事がきました

「カードの有効期限が切れていたので、出金できませんでした」

・・・

・・・

そういえば・・・この前、新しいカードが来てたような・・・orz
穴があったら入りたいですorz

更にメールには、こんなやさしい一言も
「新しいカードの情報教えてくれたら、出金手続き再開するよ」

さすがジェントルマンの国ですね。

手元にカードに無かったので、その日の夜にカードの情報をメールで送りました。
といっても、有効期限しか変わっていないし、メールにあまりカード情報なんて
書きたくないので、有効期限だけ書いて送りました

すると数時間で、出金処理するので2〜3日待ってね。と返事が来ていました

そして、なんと次の朝には、もう出金手続きが完了し口座から残高が
引かれていました!
UK時間で言うと、朝依頼して夕方には出金完了したような感じです

ここから先はカード会社の手続きになるので、何日かかるかわからないのですが
少なくとも、FOREX.comUK内の出金処理はメチャクチャ早いですね

出金に難があるどころか、日本の業者より手続き早いぐらいです

今は使っていませんが、FXProも出金依頼して翌日には何のトラブルも無く
出金できていましたし、やはりちゃんとした業者はちゃんとしています

中には極悪な業者もあるので、しっかり調べないと危険なことは確かですが
必要以上に恐れて毛嫌いすることもないかもしれません
レバレッジの問題がありますので、上手く使い分けていきたいと思います

さて、ドルホンでもう少し利益が出たら、FXDDの出金テストもしようかな

にほんブログ村 為替ブログへ  にほんブログ村 為替ブログ FX トラップトレード派へ  人気ブログランキングへ

FXDDのスペック

USDHKDは海外業者での運用も効果的だと言いましたが
海外業者は不安が多いと思うので、私が実際に使用している
FXDDのスペックをまとめておきたいと思います

■ 口座開設
 直訳気味で、若干「?」となるところはありますが、日本語の口座開設HPがあり、
 英語がわからなくても口座開設は可能です
 
 可能であれば自分で直接開設した方が良いと思いますが
 口座開設を代行してくれるサービスもありますので、
 不安がある場合は、こういったサービスを利用するのもありかと思います

 本人確認書類として、身分証名書と現住所がわかるものが必要ですが
 日本の免許証と携帯電話の請求書で大丈夫なので、ほとんどの方は
 書類に困ることは無いと思います

■ サポート
 日本語サポートがあります
 メール・電話とも日本語でできますので言葉で困る心配は不要でしょう

■ 入金方法
 クレジットカード、Paypal、銀行送金などが使用できます
 私はクレジットカードで入金しました。
 HPを見ると、入金が反映されるまで1〜2営業日とありますが
 私の場合は2回入金して2回とも10分程度で反映されているので、
 結構早く反映されそうですが、最悪は2日かかると見ておいたほうが良さそうです

■ 出金方法
 フォームをダウンロードして、それに手書きでサインしたものをスキャナで取り込み、
 メールなどで送付するそうです
 まだ出金したことがないので、出金にかかる日数等は不明です

■ レバレッジ
 初期状態では最大200倍ですが、メールで依頼すればすぐに400倍にしてもらえます

 また、両建ての場合、証拠金はロングとショートの差分に対してかかります
 例えば、USDHKDをロング10万通貨、ショート5万通貨保有する場合、
 ロングとショートの差分5万通貨に対して証拠金がかかります

■ スプレッド(USDHKD)
 平常時は5pips前後のスプレッドですが、流動性が低い時や急変時には
 スプレッドが一気に拡大するようなので注意が必要です
 20pips以上に広がることもあるようです
 そのため、チャートを見ると不自然なヒゲがちょくちょく見受けられます
 逆指値をセットしていると、スプレッドが広がった時に不利に約定する危険性があります。
 USDHKDのトラリピに限定すれば、逆指値はあまり使う場面が無いと思うので
 大きな影響は無いと思いますが、気をつけておきたいポイントです

■ スワップ(USDHKD)
 ロングはゼロ、ショートは-0.15pipsのスワップがかかります
 ショートの場合、1万通貨で0.02ドルのマイナススワップになりますので
 よほど長期間塩漬けしない限りは、許容できる範囲かと思います

とりあえず、日本語でほとんどのことが行えるので、海外業者の中では
比較的使いやすい業者のひとつだと思います

FXDD 口座開設
にほんブログ村 為替ブログへ  にほんブログ村 為替ブログ FX トラップトレード派へ  人気ブログランキングへ

FOREX.com ロスカットの流れ

スイス円ナンピンEAは相変わらず瀕死状態を行ったりきたりしています
おかげで普段はなかなか経験できない強制ロスカット一歩手前まで経験できたので
ロスカットの流れをまとめておきます(^^;

FOREX.com JPは2種類のロスカットがあります

第一段階がNYCにおける証拠金チェックです
これはNYクローズ時間(日本時間6時)に有効証拠金残高が
必要証拠金の額を上回っているかどうかをチェックします

もし下回っていた場合は、当日24時までにこれを解消する必要があります
方法は2つあり、1つは不足金額を追加入金
そして、もうひとつは一部のポジションを決済して必要証拠金を減らすことです

もし証拠金が不足になった場合、朝7時ごろメールにて通知があります
そして夜9時ぐらいになっても解消されていない場合は
もう一度メールにて通知があります


そして、ロスカット第2弾はリアルタイムロスカットです
これはその名の通り、条件を満たしてしまったら、否応なしに
即ロスカットされる基準です

FOREX.comでは維持率15%を切るとロスカットされるようです


ということで、FOREX.comの場合、維持率100%を切っても
すぐにロスカットされるわけではありません
不足分を追加入金するか、一部ポジションを損切りすれば
それ以外のポジションは持ち続けられる仕様となっており
やや甘めのロスカット仕様となっていると思います

フォレックス・ドットコムMT4

にほんブログ村 為替ブログへ  にほんブログ村 為替ブログ FX トラップトレード派へ  人気ブログランキングへ

FOREX.com ジャパン ZAR/JPY取扱い開始

フォレックス・ドットコムジャパンが3/11より取扱いペアを拡充するようです
その中には、トラリピ派にも人気の南アランド円も含まれており
非常に注目です

http://jp.forex.com/jp/company/2011/information_ccy_0225.shtml

ランド円をロット数1万ランドでトラリピする場合、
利確幅を0.1円程度にして、1リピートあたり1000円程度の利益を
狙うことが多いと思います

このとき、M2Jでは手数料が400円もかかり、
更にスプレッドが非常に広く0.05円もあります

これを言い換えると、0.19円相場が動いてやっと1000円の利益が
得られると言うことで、相場変動の約半分が手数料で
持っていかれていることになります

これを フォレックス・ドットコムジャパンでやるとすると、
スプレッドは今の時点でははっきりとはわかりませんが、
おそらく0.03円〜0.04円程度ですかね
そして、手数料は当然無料ですので、仮に0.19円相場が動くと
スプレッド4銭としても1500円も利益が得られることになります

何も設定を変えなくて利益が1.5倍になるのですから
これまでより更に多くの方がMT4に流れるのではないでしょうか

そして、それは競争原理を生み出しますので、M2J側も流石に
うかうかしていられなくなり、手数料やスプレッドの改善余地も
生まれてくると思いますので、M2Jユーザにとってもいい話だと思います

3/2からでも口座ではランド円が追加されるそうですので、
その日が非常に待ち遠しいです

フォレックス・ドットコムMT4

にほんブログ村 為替ブログへ  にほんブログ村 為替ブログ FX トラップトレード派へ  人気ブログランキングへ

マネーブッカーズを使った入金まとめ

FXProへの入金にマネーブッカーズを使ったのですが、
いろいろと癖があるので、記事にまとめてみます

(1)マネーブッカーズへの入金
銀行振込とクレジットカードでの入金があります

銀行振込は三井住友銀行への振込になるので
手数料が安く(場合によっては無料)できるので
非常に便利です
ただし、入金処理に1〜2営業日かかるので
急ぐ場合には使えません

クレジットカードでの入金は手数料が1.9%かかります
更にユーロでの引落しになるので、カード側での
為替手数料もかかります
その代わり、ほぼ即座に反映されます

どちらを使うかはケースバイケースですかね・・・


(2)マネーブッカーズからFXProへの入金
FXProでマネーブッカーズからの入金を選び、
入金額を選択して処理を進めると
マネーブッカーズのログイン画面に遷移します
ここでログインをすると入金が完了します

使った感覚としてはクイック入金とほぼ同じような感じです
口座への反映も数分で反映されたように思います


(3)マネーブッカーズでの出金限度額について

マネーブッカーズでややこしいのはこれです。
マネーブッカーズではアカウントの信用ランクによって
出金可能な限度額が決められています

そのため、いくら口座に資金があっても、
この限度額以上には出金できません

そして、この限度額が非常に少ないです。
初期状態ではわずか1000ユーロ!
しかも、90日あたりの金額ですので注意が必要です

これを引き上げるには3つの方法があります

1.カード入金による認証
 カード認証を実行すると、ランダムな金額(1〜3EUR)が
 カードから引落されます。
 そして、その金額(EUR単位)を認証画面で入力するにより
 カード認証が行われます
 この時に入力する金額がユーロで入力しないといけないので、
 場合によってはかなり時間がかかります

 私の使っているカードでは、日本円での利用額はすぐにネットで
 参照できるのですが、現地通貨での金額は正式な請求が来るまで
 わからないので、結局1ヶ月以上かかりました

 記憶を整理していると、これはおそらく間違いです
 カード入金による認証は、クレジットカードで入金さえ
 問題なく出来れば認証されます。
 ただし初期状態では、クレジットカードを使うには、カードの本人確認が
 必要で、そのために上に書いた手順(カードの引落額を入力して・・・)
 が必要になります


2.銀行送金による認証
 海外送金を使ってmoneybookersに入金する
 三井住友銀行への振込では認証されず、海外送金を使う必要があります
 手数料がべらぼうにかかるので、私はまだやってません

3.住所確認
 これを実行すると、国際郵便で6桁の数字が送られてきます。
 それを認証画面に入力することにより認証されます

 年末の忙しい時期だったからか、国際郵便に時間がかかるのか
 わかりませんが、郵便が届くのに2週間ほどかかりました

私の場合は、カード認証と住所確認を行い、7000ユーロまで
限度額が増えています
銀行口座の認証を行えば後5000ユーロ増えるらしいですが
手数料と手間がかかりすぎるのでまだやってません


【注意】
カードの本人確認中に住所認証を完了させてしまうと、
なぜかカード認証がなかったことになってしまいます
カード認証を終わらせると、引落された金額が口座に
反映されるのですが、認証できなくなるので、
引落されたお金が消えてしまいます!!!

サポートに問い合わせすれば直してもらえるのでしょうが、
200円ちょっとのために、英語を駆使して問い合わせる気力が
なかったために私は諦めました。
これから認証する方は注意してください

具体的に、私が行った手順と現象を書いておきますので
同じことをやらないように気をつけてください(笑)

1.まず、カード入金による認証をしようとしました
  カード入金するには、まずクレジットカードの本人確認を
  する必要があります
  クレジットカードの本人確認は、ランダムな金額(1〜3EUR)が
  カードから引落されて、その金額(EUR単位)を確認画面で
  入力するによりカードの本人確認が行われます
  この時に入力する金額がユーロで入力しないといけないので、
  場合によってはかなり時間がかかります
  (私の使っているカードでは、日本円での利用額はすぐにネットで
   参照できるのですが、現地通貨での金額は正式な請求書にしか
   載らないので、1ヶ月以上かかることになりました)

2.待っていられないので、住所確認による認証もしました
  2週間ぐらい待っていると郵便が来たので、早速認証コードを
  入力して住所認証を済ませました

3.試しにカード入金による認証をクリックすると、それまでは
  カードの本人確認用の金額を入力する画面が表示されていたのに
  それが表示されなくなっていました

4.よくわからないので、再度カード入金による認証をしようとすると、
  本人確認なしでいきなりカードが使えました
  カード入金の認証も終わり、1000ユーロぐらい限度額が増えたような
  気がします

5.それ以降、カードの本人確認画面は表示されず、
  本人確認が終わると反映されるはずの金額も口座に
  反映されないままでした

私の想像ですが、住所認証をするとクレジットカードの本人確認が
不要になるのではないかと思います
別のカードも確認無しでいきなり使えるようになりましたし・・・
この時にバグがあって、本人確認用の引落金額が行方不明になって
しまうのだと思います・・・



にほんブログ村 為替ブログへ  にほんブログ村 為替ブログ FX トラップトレード派へ  人気ブログランキングへ

FOREX.com UK カード入金手数料

気になっていたFOREX.comUKへのクレジットカードでの入金額ですが、
ようやくWeb上で利用明細を確認することが出来ました

利用日 1/13
利用額 84,334

私のカードは、海外利用の場合はカード会社に請求が届いた日のレートに
事務手数料として1.63%を上乗せした金額が請求されるようです

そこで利用額から手数料の1.63%を引くと請求額は82981円となります

   TTS  仲値
1/13 84.12 83.12
1/14 83.81 82.81
1/17 83.93 82.93

となり、どれともぴったりは一致しないのですが、
1/17の仲値だと50円程度の誤差となりますので、
おおよそ仲値+1.63%ぐらいなのかなという感じです

結局はっきりとはわかりませんが、おそらくは
・FOREX.comUK では手数料はかからない
 (かかったとしても1ドル or 0.1%未満)
・交換レートは仲値で決済
・カード会社の手数料が1.63%かかる
ということで大きくは間違っていないと思います

この程度であれば許容できる範囲のコストであり、
やはり海外送金するよりは全然安いコストで入金できるので
今後もカードで入金しようと思います

まぁ、FxProのMoneybookers利用時の入金コストゼロ
に比べると数段落ちますがね・・・

にほんブログ村 為替ブログへ  にほんブログ村 為替ブログ FX トラップトレード派へ  人気ブログランキングへ
Copyright (C) 多通貨分散トラリピで安定運用. All Rights Reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。