多通貨分散トラリピで安定運用TOP ≫  トラリピ考察 ≫  トラリピ設定見直し 〜その1〜

トラリピ設定見直し 〜その1〜

トラリピ口座の設定を全面的に見直すことにしました
追加資金を入れてトラップ量を増やし、さらにポートフォリオの最適化を進めて
利益率の改善を行うことにより、もっと利益を増やそうとしています

今の設定を決めた時に、それぞれの通貨ペアごとにバックテストを実施して
ドローダウンは計測しています
ただ、MT4では多通貨でのバックテストは出来ないため、通貨ペアごとでしか
ドローダウンは分かりませんでした

最悪のケースを想定すれば、全通貨ペアのドローダウンを足せばよいのですが
それでは相関性の低い通貨ペアを選んでポートフォリオを組んでいる意味がありません
今回は、ポートフォリオ全体でのドローダウンを計測することにより
各通貨ペアごとの最適なトラップ幅の値を求めようとしています

そのために、まずはEAを改修して1日1回その時点での含み損をファイルに書き出すようにしました
これでバックテストを行うことにより、毎日の含み損の推移が分かるようになります

後は、このEAを使って全通貨ペアのバックテストを実施し、出来たファイルを
Excelに取り込んでごにょごにょすれば、ポートフォリオ全体の含み損の
推移が一目で見れるようになります

その2に続く・・・
すみません。Excelがグチャグチャで人に見せれるものではないんです・・・


■こんなところでコメ返し(時々SEさん発案)

窮鼠さん
USDCADが利確モードに入ってくれると有難いですね
ところで、こんなところで先だしですが、新通貨ペアにUSDCHFを
採用することにしました(^^;

にほんブログ村 為替ブログへ  にほんブログ村 為替ブログ FX トラップトレード派へ  人気ブログランキングへ

お便利ツール+α

ポジション情報&口座情報表示インジケータ
 通貨ペアごとのポジション集計情報と
 口座情報を表示するインジケータ
 【詳しい説明
 【ダウンロード
通貨ペア情報表示インジケータ
 4本値やスワップ値、ポジション情報
 などを表示するインジケータ
 【詳しい説明
 【ダウンロード
FOREX.com Japan
 1000通貨単位で取引可能
 Proスプレッドにすればスプレッドも良好
 フォレックス・ドットコムMT4
Alpari Japan
 1000通貨単位で取引可能
 スプレッドは国内最狭レベルで
 スキャル系EAには最適です
 アルパリ

| 2012/03/05 | トラリピ考察 | comment(3) |
コメント
投稿者:窮鼠(2012年03月05日 21:04)
ポートフォリオ全体としてのドローダウン率、これがわかればかなり自信を持って臨むことができますね。期待しています。
USDCHFを私も次回から加えてみます。ロングですか?ショートですか?両建てですか?
投稿者:ごるご(2012年03月06日 00:34)
こんばんは。
いつも貴重な情報をありがとうございます。
まささんの利確幅の検証結果を参考にトラリピを行っております。
今度GBPCADをトラリピ加えようか検討しております。もし可能であれば、この通貨ペアの利確幅の検証をお願いいたします。
投稿者:時々SE(2012年03月06日 22:08)
まめ〜(@o@)
キッチリ屋さんのA型ですかね?(笑)
結果報告待っててもいいですか?
でもペアのバランスが違ったら意味ないのか・・・(愚
コメント投稿フォーム:
 [必須]
: [必須]
認証:
 [必須]
※ 画像の中の文字を半角で入力してください。
Copyright (C) 多通貨分散トラリピで安定運用. All Rights Reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。