多通貨分散トラリピで安定運用TOP ≫  メイン口座(旧) ≫  今週のリピート結果(2012/01/20)

今週のリピート結果(2012/01/20)

うちの長女がインフルエンザにかかりました
学校でもかなり流行っている様で学級閉鎖もちらほらと・・・

みなさん、体調は大丈夫ですか?

さて、今週のリピート結果です

EURUSD
 1.2000〜1.3000にトラップ幅50PIPS、利確幅50PIPSの買いトラップ
 1.3775〜1.4975にトラップ幅50PIPS、利確幅50PIPSの売りトラップ
EURGBP
 0.8000〜0.9000にトラップ幅40PIPS、利確幅50PIPSの買いトラップ
 0.8420〜0.9420にトラップ幅40PIPS、利確幅50PIPSの売りトラップ
AUDNZD
 1.2000〜1.3200にトラップ幅50PIPS、利確幅50PIPSの買いトラップ
 1.2525〜1.3725にトラップ幅50PIPS、利確幅50PIPSの売りトラップ
AUDJPY
 73.0円〜85.0円にトラップ幅0.5円、利確幅0.5円の買いトラップ
GBPAUD
 1.5300〜1.6500にトラップ幅50PIPS、利確幅50PIPSの売りトラップ
USDCAD
 0.9400〜1.0600にトラップ幅50PIPS、利確幅50PIPSの買いトラップ

120120.png

前週比 +9266円

EURUSD 6回
EURGBP 2回
AUDNZD 8回
AUDJPY 3回
GBPAUD 0回
USDCAD 0回

EURGBPのロングトラップを再開しました
これで、トラップ範囲外になっているEURUSDショート、EURGBPショート、
GBPAUDショート以外は一通り稼動していることになるのですが
相変わらず低調な動きですね・・・

ボラティリティ自体が下がっている上に、
稼ぎ頭のEURUSDとGBPAUDがほとんど機能していないのが痛いです

これらがトラップ範囲内に戻ってくるのはかなり期待薄なので
新たな通貨ペアを探す必要があるかもしれません
にほんブログ村 為替ブログへ  にほんブログ村 為替ブログ FX トラップトレード派へ  人気ブログランキングへ

お便利ツール+α

ポジション情報&口座情報表示インジケータ
 通貨ペアごとのポジション集計情報と
 口座情報を表示するインジケータ
 【詳しい説明
 【ダウンロード
通貨ペア情報表示インジケータ
 4本値やスワップ値、ポジション情報
 などを表示するインジケータ
 【詳しい説明
 【ダウンロード
FOREX.com Japan
 1000通貨単位で取引可能
 Proスプレッドにすればスプレッドも良好
 フォレックス・ドットコムMT4
Alpari Japan
 1000通貨単位で取引可能
 スプレッドは国内最狭レベルで
 スキャル系EAには最適です
 アルパリ

コメント
投稿者:窮鼠(2012年01月22日 10:14)
ユーロドル、豪ドルNZドルが良い調子ですね。
豪ドル円も結構よかったでしょうね。
こういう相場状況だとついユーロ円なんかを入れたくなりますが、裁量で手掛けているので、自動売買の方は持たないように我慢しています。
投稿者:まさ(2012年01月22日 11:23)
ユーロ円は確かに魅力的ですよね
でも、この状況でロングは避けたいし、かといってこの安値でショートも怖いし・・・
どう扱っていいかわかりません(^^;;
投稿者:ねむゴン(2012年01月22日 14:41)
ちょっと前の記事で、FXDDのスワップは片方がマイナスなら、もう一方は少なくとも0円以上になるだろうと言う記事を書かれていますよね?

確かにFXDDは両方マイナススワップにならないのかもしれませんが、サクソ・IGマーケッツ・LION FXなどで、買いよりも売りの方がマイナススワップが大きい事や売りがプラススワップになっていたのを何度も見ています。 短期金利が逆転しHKDの方が高い日が度々出ていたのでしょう。

このスワップの逆転現象が続くと、FFXDDも売りの方を0スワップに変える可能性があるので、損切りしずらい高値で仕込んでいるポジは結構不安です。 まささんはどう見てますか? FOREX.comも買い0円と非常に金利差を小さく見ているようですし、どの会社もロングでプラススワップにならないせいか、レートも上がる目処が立たないように見えるんです…
投稿者:ねむゴン(2012年01月22日 14:43)
すみません、間違えました。

【買いよりも売りの方がマイナススワップが大きい事】←買いの方がマイナススワップが大きい事 
コメント投稿フォーム:
 [必須]
: [必須]
認証:
 [必須]
※ 画像の中の文字を半角で入力してください。
Copyright (C) 多通貨分散トラリピで安定運用. All Rights Reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。