多通貨分散トラリピで安定運用TOP ≫  EURCHFくるくるワイド ≫  ユーロスイスでくるくるワイド

ユーロスイスでくるくるワイド

ユーロがまた下がってきました
ユーロ円くるくるワイド開始後、ある程度確定益がたまった時点で
ロングポジの買値まで落ちてきたら一旦全決済して様子を見る
ことを決めていたので、その通り実行しました

1週間弱で26回の利確を積むことができたので、その分の勝ち逃げです

変わりにユーロスイスでくるくるワイド開始しました

これ以上ないぐらい明確な下値支持線があり、
現在値から下値までの距離が近いので、リスクの見積もりが
かなり容易に出来ます

開始時のレートが1.217だったので、下値1.2を少しオーバーシュートすることを
想定して1.192にストップロスを置くとしても250pips見ておけば十分です

そして肝心の回転力ですが、結構あります
トラリピをはじめて1週間ほど過ぎました。
当初トラップ3本から今は5本に増えていますが、1週間で70回利確できています
途中で利確幅を変更しているので、獲得pipsを見ると1100pipsに成ります

10万通貨のロングポジションを建て、1万通貨のショートトラリピを
10本セットするとすれば、ロングの損失が2500pipsに対し、ショートトラリピが
毎週1100pipsの確定益なので、約2週間で最大損失分の確定益をつめる計算になります
それまで複利ロングは建てずに2週間耐えれば負けはなくなります
その後は、ロングポジと同じリスクで複利ロングを建てていけば、
2週間ごとにサイズが倍になるという皮算用です

今のレンジ相場がいつまで続くか次第ですが、かなり夢のあるくるくるワイドになりそうです
にほんブログ村 為替ブログへ  にほんブログ村 為替ブログ FX トラップトレード派へ  人気ブログランキングへ

お便利ツール+α

ポジション情報&口座情報表示インジケータ
 通貨ペアごとのポジション集計情報と
 口座情報を表示するインジケータ
 【詳しい説明
 【ダウンロード
通貨ペア情報表示インジケータ
 4本値やスワップ値、ポジション情報
 などを表示するインジケータ
 【詳しい説明
 【ダウンロード
FOREX.com Japan
 1000通貨単位で取引可能
 Proスプレッドにすればスプレッドも良好
 フォレックス・ドットコムMT4
Alpari Japan
 1000通貨単位で取引可能
 スプレッドは国内最狭レベルで
 スキャル系EAには最適です
 アルパリ

コメント
投稿者:窮鼠(2011年10月02日 16:56)
FXCMジャパンのMT4でUSDHKDペアがなかったので、ユーロスイスで運用して見ようかと思っています。詳しいトラップの設定を、対資金比率で今度教えてください。
以前の記事にあったかもしれないのですが。
投稿者:まさ(2011年10月02日 22:09)
了解です
近いうちに記事にしますね
コメント投稿フォーム:
 [必須]
: [必須]
認証:
 [必須]
※ 画像の中の文字を半角で入力してください。
Copyright (C) 多通貨分散トラリピで安定運用. All Rights Reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。