多通貨分散トラリピで安定運用TOP ≫  トラリピ日記 ≫  トラリピ大幅拡大 〜他通貨ペア分散体制へ〜

トラリピ大幅拡大 〜他通貨ペア分散体制へ〜

ドル円も豪ドル円も値幅が小さくなってしまい
リピート回数が大幅に減ってきています
また、別口の EURDKK も同様に動きが止まってしまいました

リピートが無いので退屈していたのもありがすが、
以前からリスク分散と安定的な利益確保のためにも、
通貨ペアを分散したほうが良いと考えていたので、
ついに実行に移すことにしました

今実行中のトラリピは次の3つになります
・USD/JPY(ドル/円)
 1000通貨単位、トラップ幅:25銭、利確幅:50銭
 詳細な設定内容は「USD/JPY(ドル円)設定」参照

・AUD/JPY(豪ドル/円)
 1000通貨単位、トラップ幅:50銭、利確幅:1円
 詳細な設定内容は「AUD/JPY(豪ドル円)設定」参照

・EUR/DKK(ユーロ/デンマーククローネ)
 10000通貨単位、トラップ幅:2pips、利確幅:15pips
 詳細な設定内容は「EUR/DKK(ユーロデンマーククローネ)設定」参照

これに、次の3つを追加します
・EUR/JPY(ユーロ/円)
 1000通貨単位、トラップ幅:50銭、利確幅:50銭
 詳細な設定内容は「EUR/JPY(ユーロ円)設定」参照

・EUR/USD(ユーロドル)
 1000通貨単位、トラップ幅:50pips、利確幅:100pips
 詳細な設定内容は「EUR/USD(ユーロドル)設定」参照

・AUD/JPY(豪ドル円)高回転モード
 1000通貨単位、トラップ幅:20pips、利確幅:25pips
 81.0円〜83.0円の範囲限定で買いトラップを設定します

これで、5通過ペア(6トラリピ)の分散体制となります

追加ペアを何にするかは結構迷いましたが、
あまり対象通貨を増やすと管理が大変になるので、
まずはメジャー通貨で当面ボラティリティが大きそうな
ユーロを中心に考えました

ユーロ円は既にかなり安値の水準で、買いトラリピであれば
そんなに大怪我はしないだろうという予測と
ユーロとドルはともに今後も弱そうな通貨なので、
一方的なトレンドは発生しづらく、何かイベントがあるたびに
ユーロドルはボックス圏を上下してくれるのではないかと
期待しています

豪ドル/ドルやユーロ/豪ドルも候補として考えたのですが
既に豪ドルがかなり高いので、豪ドルロングでは仕掛けにくいし
逆に豪ドルショートだとスワップがかさみそう・・・
ということで今回は見送りました

しばらくはこの体制で運用し、状況によって通貨ペアの
入れ替えも考えたいと思います

一番の候補はドル円の撤退ですかね・・・
史上最安値圏にあるにもかかわらず、長期トレンドを見ると
一貫して円高という困った通貨ペアで、買いでも売りでも
安心感の無い通貨ペアです

にほんブログ村 為替ブログへ  にほんブログ村 為替ブログ FX トラップトレード派へ  人気ブログランキングへ

お便利ツール+α

ポジション情報&口座情報表示インジケータ
 通貨ペアごとのポジション集計情報と
 口座情報を表示するインジケータ
 【詳しい説明
 【ダウンロード
通貨ペア情報表示インジケータ
 4本値やスワップ値、ポジション情報
 などを表示するインジケータ
 【詳しい説明
 【ダウンロード
FOREX.com Japan
 1000通貨単位で取引可能
 Proスプレッドにすればスプレッドも良好
 フォレックス・ドットコムMT4
Alpari Japan
 1000通貨単位で取引可能
 スプレッドは国内最狭レベルで
 スキャル系EAには最適です
 アルパリ

| 2011/01/19 | トラリピ日記 | comment(0) |
コメント
コメント投稿フォーム:
 [必須]
: [必須]
認証:
 [必須]
※ 画像の中の文字を半角で入力してください。
Copyright (C) 多通貨分散トラリピで安定運用. All Rights Reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。